環境面などでの評判が良くない

一般の乗用車と比較して、大きな車体と大きな排気量を持つ場合の多いSUVと呼ばれる、スポーツ・ユーティリティ・ビークルは、もともとがレジャーなどのために大きな荷物を運ぶ事を想定した車輌です。
SUVが生まれ、発達したアメリカなどではピックアップトラックなどをベースにした物が多く、その事からもこのSUV車の特徴を推し量る事ができます。
大きな車体で、大きな荷物を運ぶ為に設計されたこのSUV車は、走行させるために大きなトルクを必要とするため、必然的に大排気量のエンジンを搭載される事となっています。
勿論、大きな車体がもたらすメリットも多く、高い着座位置による視界の良好性、大きな車体が生み出す安全性を備えていることは間違いのない事実なのですが、大排気量であるが故の問題も抱えているのです。
排気量の大きなエンジンは、排出される排気ガスの量も多く、その排気ガスに含まれる様々な有害物質が環境に及ぼす影響は、見過ごす事が出来ないものとなっているのです。
利用目的や、数々のメリットを備えているにも拘らず、排出される排気ガスの問題などで、このSUV車の評判は、その価格の高さとも相まって、決して良いものではなくなってしまっているのです。

Comments are closed.