車体が重さのため燃費が悪い

SUVを購入した場合に不満を感じるのが燃費と言われています。SUVは普通車に比べて車重が数百キロ重くなっています。重くなる理由はボディの形状や」足回りの強化によるものです。もともとSUVは山道などでも快適に走れるように設計されています。そのため車体の強度が高いだけではなく、サスペンションにも強化が行われ、また、アルミホイールも普通車に比べて幅が広く、また、大きなタイプが使われていることが多いです。車重が重いことはガソリンや軽油を普通車よりも多く必要とします。そのため、得に普通車から乗り換えた方には不満が多いようです。SUVで燃料の消費を抑えるためには普通車と同様な走り方をすれば良く、とくに発進時にスムーズな発進を心がけるだけでもかなりの節約となります。SUVは車体が重いため、発進時にどうしても加速を良くしようとアクセルを踏みすぎてしまいます。そこでちょと我慢してみることをおすすめします。実はSUVは発進時に力が出るように調整されており、車体が大きいのでゆっくり動くうように感じる方が多いですが、普通車と発進時はほぼ変わらないのです。また、加速後も急がつく運転を出来る限り行わなければ燃料消費をかなり減らすことができまテクノロジー04

Comments are closed.